詩人失格/桑原滝弥

発売日:2022年7月14日

定価:2000円+税

サイズ:ソフトカバー・四六判 164ページ

 

いずれにしても、それらのものはすべて、

けっして負けることなく中指を真上に打ち上げたまま全力で沈んでいく

(詩 花火焼より)

 

演劇界、パンクシーン、ゲイカルチャー、バックパッカー生活、そして詩の世界へ… 

波乱に富んだ現実を駆け抜けてきた、 詩人・桑原滝弥の自伝詩集がここに誕生。 

 

ZINE「PAPER DRIVE」連載時に反響を呼んだ自伝エッセイ12編に、新たに書き下ろし1編を加え、さらにデビュー作から最新作までの詩13編を収録。 

秘蔵写真とともに綴っていく、”いま”を生き続ける詩人による、孤独と孤独の出会いのための一冊。 

 

解説:三角みづ紀

 

 

 

桑原滝弥:くわはらたきや takiya kuwahara

 

詩人。1971年7月14日、三重県四日市市出身。

演劇・音楽・パフォーマンス活動を経て、1994年、詩作を開始。 処女作『えりなのプロフィール』は、新潮文庫『あなたにあいたくて生まれてきた詩 / 宗左近・編』に収録。 以降、「あらゆる時空を" 詩 "つづける」をモットーに、紙誌、舞台、映像等、様々な媒体で作品を発表。詩人・谷川俊太郎との競演企画『俊読』や、『tamatogi』『蓬莱座オープンマイク』といったライヴイベントをプロデュース。また、海外での活動や、妻の講談師・神田京子との詩芸ライヴ、他ジャンルとのコラボレーションも積極的に展開。著書に詩集『花火焼』(にこにこ出版)、写真詩集『メオトパンドラ』(写真家・キッチンミノル共著/FOIL)、詩画集『国際化と標準化』(画家・イケヤシロウ共著/USP研究所)など。詩芸企画『詩人類』代表。

 

桑原滝弥 情報ブログ

http://shijinrui.blogspot.com

 

YouTube 詩人類/桑原滝弥 チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCBbIptDqzfYkNO_cqWzKOCw

 

 

 

詩人失格取扱店

俊カフェ(北海道・札幌)

半月舎(滋賀・彦根)

ライヴ喫茶 亀(大阪・玉造)

HONYAらDO(山口・米屋町)

ちくさ正文館書店(名古屋・千種)  

模索舎(新宿)

タコシェ(中野)

黒猫(高円寺)

コンコ堂(阿佐ヶ谷)

よるのひるね(阿佐ヶ谷)

現世(高田馬場)

ビビビ(下北沢)

フジヤマ(三軒茶屋)

ニヒル牛(西荻窪)

FlyingBooks(渋谷)

Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4909798161